野生の遊び人が現れた!

【シン・ゴジラ】現代版ゴジラ V.S 人類!CGの進化により、恐怖と絶望感が凄い!

time 2016/08/28

どうもこんにちは(。-∀-)ノ

今回は今更になりますが、『シン・ゴジラ』を観てきましたので、そちらについて書いていきます。

 

sponsored link

今回のトピックス

 

パンフレット

シン・ゴジラ

 

パンフレットにはでかでかとゴジラが印刷されており、今回のゴジラのおぞましさが伝わってくると思います。

 

丁寧に「ネタバレ注意」と帯が付いており、これはパンフレットを読まずに映画を見て欲しいということかもしれませんね。

 

結構良いカットも載っているので、これから映画を観る方は是非パンフレットを読まずに映画を観て欲しいですね!

 

感想

元々ゴジラの映画はあまり見たことがなく、こういった映画もどちらかと言えば好きではないタイプでした。

 

なので今回も観る予定はなかったのですが、何やらペルソナストーカークラブⅤでお馴染みのマフィア梶田さんが出ていると知り、更にネット上でめちゃくちゃ評価が高く、

 

「これは劇場で観ないと後悔するな。」

 

と思ったので観に行きました。

 

そして結果、後悔しなくて良かったです。

 

まずタイトルにあるとおり、CGが昔に比べて進化しているので昔のゴジラに比べると迫力が段違いです!

 

昔の特撮モノってどうしても街がハリボテ感があり、「街が破壊されている恐怖」というものは感じず、どちらかと言えば「ゴジラが凄い」みたいに感じていました。

 

しかし今は街並みにCGを合成しているのでそういった不自然な感じがなく、街が破壊されている様がリアルに感じてしまい、更に今回のゴジラがあまりに化物じみているので、絶望感を感じずにはいられませんでした。

 

特に今回のゴジラ、本当に気持ち悪いんです!いい意味で!

 

昔のゴジラってどちらかと言えば可愛かったのですが、今回のはまさに『化物』!

 

その気持ち悪さも今回のゴジラの見どころだと思っていますので、是非これは劇場で観てもらいたいですね!

 

もちろん見どころはゴジラだけではありません!

 

豪華な俳優陣による演技が凄いのはもちろんのこと、ゴジラに対する政府の対応を質問したそうで、ゴジラが現れてからの日本の対応が凄く日本っぽい!

 

一言で言えば「ぐだぐだ」です。

凄く危機的状況なのに関わらず、凄く日本らしい対応が笑えます。

 

そういう皮肉めいた演出やゴジラの造形、またその他細かいところ含め、エヴァの庵野監督だからこそできたゴジラだと言え、本当に凄い監督さんだったんだと実感しました。

 

まだまだ上映されていると思うので、ゴジラに興味がある人はもちろんのこと、興味が無い人が観ても後悔しない内容になっていると自信を持って言えますので、少しでも気になったら是非劇場で観ていただきたいです。

 

間違いなく

 

ここ数年で1番凄い映画でした。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link